2012年05月26日

ピーチ女帝片目になりました

peach-5.gif

我が家の、専制君主のピーチ女帝(おこりん坊ちっ(怒った顔)で甘えん坊黒ハート)が、癌になりました

病名は、右の眼球に発生した、メラノーマです
メラノーマとは悪性黒色腫ともいわれ、皮膚がんの一種です,
ピーチの場合、右目の虹彩にメラノーマができました

眼に発生するのは、割合珍しいようで、猫の癌としてはまったく知識がありません、虹彩の色が部分的に変化していき、ついには真っ黒になったのですが、これが癌のせいだとは思ってもみませんでした

peach.gif

これは2009年の終わり頃の写真です、癌は茶色の薄い色のシミのように眼の中に見えています

peach-2.gif

こちらが2011年7月の写真、かなり黒い部分が目立ちます顔(汗)

そして2011年の暮れには、眼の虹彩は黒い部分がかなりの割合で占められていましたたらーっ(汗)

以下がピーチ女帝の眼の色の変化です
3年くらいかけてゆっくり進行していったようです

eye3.gif

今年に入ってから癌の進行が早まり、メラノーマの増殖で、緑内障になり、瞳孔が開きっぱなしで、さすがこれは変だと感じましたので、病院で診察していただき、4月29日に緊急に眼球摘出の手術を受けましたがく〜(落胆した顔)

眼球に発生するメラノーマは、2次的に緑内障を発生させるようです
下が健康な眼。房水は、排出されるので眼圧は一定を保っています

eye-2.gif

メラノーマが増殖、房水の出口を塞ぐので
眼圧が高まり、痛みが出て最後には、失明します

eye-1.gif

ピーチはまだ、眼圧も高くはなく、痛みもなくまだ眼が見えている状態でした。ゆっくり、癌が進行していてもこの段階までは本人には、痛みなどの自覚はまったくなかったと思います。

虹彩の色が変わって来て、黒くなっても、こういう猫もいるのかな〜くらいに軽く思っていました、年齢を重ねていくと病気ではなくとも瞳にシミがでたり、色合いが左右違ってくる子もたまにはいますので、そのタイプだとばかり思っていました。

大変丈夫な子でワクチンの時にしか、病院にいかなかったのも発見が遅れた原因だったと思います

病理検査の結果、眼球の外側にはがん細胞の浸潤は見られずということでしたので、明らかな転移はなさそうです。現在、抗がん剤治療を開始している所です。

個体差はあるようですが、抗がん剤は人間ほどの激しい症状は起こさないようです、ピーチ女帝は普段とまったくかわりませんでした

peach-6.gif

片目になってもまったく気にしてないピーチ女帝!
元気いっぱいです。猫風邪で片目になったイチ子がすでにいるので、我が家では片目猫さんが2匹になりました猫(笑)

メラノーマは眼球に発生する場合、部位によっては、黒くなるわけでもなさそうです、また緑内障と思っていたらメラノーマだったというケースもあるようです。
眼は検査が難しく、摘出してその後に検査ということになるようです。

それにしても、知識があれば1年前に手術していただろうと思います
皆さんの愛猫さんもくれぐれも気をつけてくださいね猫(泣)

「おすぎとピーコ」のピーコさんの眼の癌もメラノーマです、ピーコさんはもう20年も前に手術して、今も元気で活躍していらっしゃいます、ピーチ女帝もあやかって、元気で長生きして欲しいと心から願っています黒ハート




ニックネーム あすか at 18:47| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントするのは初めてですが、実は、
イチ子ちゃん保護の頃から拝見しています。(ずっと読み逃げでごめんなさい)
我が家の♂猫6歳「みぎ」も、出会った時から右目がありません。
ピーチ女帝、どうぞ元気でいてください。陰ながら応援しています。
Posted by 146かな at 2012年05月27日 20:04
ピーチ女帝、あすかさん、大変でしたね、
今は普通の猫生活をされている様でホッとしました、
猫も人間も病気はいやですね。
こんな時になんですが・・この絵いいですね
ピーチ女帝は貫禄があってイチ子ちゃんは可愛いです
Posted by つつ治 at 2012年05月28日 00:51
146かなさん

コメントありがとうございます、みぎちゃんも片目なんですね、我が家も片目のイチ子が先に居て、片目でも困らないことが良くわかってましたので、

即、ピーチの眼を摘出してくださいとお願いしました。

応援ありがとうございます!
みぎ君も病気などしないように気をつけてくださいね
Posted by あすか at 2012年05月28日 11:08
つつ治さん

こんにちは、ピーチは、病院でぷんぷん怒っていたようでした〜
ちょっと困ったちゃんだったようです:_:

退院してきてから、以前とちっとも変わらず元気で過しています
抗がん治療の1回目が終了、4週間目ごとに、あと3回の治療を行う予定です

再発しませんように!

Posted by あすか at 2012年05月28日 11:17
ピーチ女帝さま

びっくりしました。
お大事になさってくださいね。
再発などないように私達もお祈りしています。
Posted by うららとげんた at 2012年06月04日 08:19
うららとげんたさま

コメントありがとうございます!
眼に癌ができるなんて、あまり聞いたことがなくて、まさかと思いました〜

うららちゃんとげんた君も、病気などしませんように
Posted by あすか at 2012年06月09日 13:42
はじめましてコメントさせていただきます

うちの猫もたった今、目のめらの疑いありといわれました。
眼科への紹介状を頂けるとのことなので行ってみようかと思うのですが
おそらく、かなりまだ初期ではあるそうです
片目をなくす決断をする時ってやはり悩みましたか?

年齢が年齢なので手術も心配でなにか場違いな気がしたのですがコメントさせていただきました
Posted by まりも at 2014年05月28日 16:53
まりもさん、こんにちは

ご心配ですね
初期のメラノーマなんですね

ピーチの場合は私の知識が無かったせいで、末期になるまで気がつかず、片目か命かという段階でしたので、躊躇なく手術をお願いしました

猫風邪で片目になった猫も飼っていましたので、抵抗はなかったです。

そのときのピーチは13歳でした

高齢でしたが手術は問題ありませんでした。その後抗がん剤治療は2回(腎臓の値が落ちてきたので、これ以上は無理といわれました)メラノーマの転移はありません。

ただ、初期だと決断するのはつらいですね、

メラノーマでは無い事を、切にお祈りしております
Posted by あすか at 2014年05月29日 07:35
あすか様はじめまして。
猫の目のメラノーマで検索してたどり着きました。
うちの寅吉くん3才の目にメラノーマの疑いのある黒いものが出来てしまい、よい病院を探しています。
よろしければ、ピーチ女帝の行かれた病院を教えて頂けないでしょうか?
当方茨城県に在住で、2つ東京の病院の検討をつけたのですが、車で10分の病院にも寅吉は大声で泣くのでとても躊躇しています。
メラノーマだったら至急眼球摘出するしかなく、気が動転するばかりで焦っています。
お返事を頂けたら幸いです。
Posted by ゆきねこ at 2014年10月23日 12:34
ゆきねこさん、こんにちは

寅吉くん、メラノーマの疑いがあるんですね。茨城に住んでいらっしゃるんですか。私は千葉県船橋市です、手術していただいたのは、ハロー動物病院です

ピーチ女帝の場合はかなり進んだ状態だったのでで、検査などなく、即、眼球摘出になりました

手術は、2泊三日くらいだったと思います、もっと長く入院してるはずが、女帝の機嫌が悪くて、怒りっぱなしだったために、早めに帰されました顔(汗)

メラノーマは時間をかけて育っていくようですので、ピーチ女帝のように末期で緑内障が現れてこなければ、それほど急ぐことはないかもしれません。

しかし転移の可能性もありやはり、癌と判断されたら早い方がいいかもしれませんね

船橋市なので
寅吉君、車が苦手だと遠すぎるかもしれません。

本当にお大事に、寅吉君の無事を願っております
Posted by あすか at 2014年10月25日 17:26
初めまして。うちもメラノーマの疑いが出て眼球摘出の可能性があります。
19歳の老猫で、やはり目を摘出すると言う事を受け入れられなくて…
しかし、選択の余地がなくなれば受け入れるしかありませんよね。
ピーチさんは、術後は視野が減って生活しずらそうでは無かったですか?
Posted by 茶白 at 2014年10月28日 11:53
茶白さん

こんにちは、19歳の猫さんが、メラノーマの疑いなんですね

ピーチ女帝は
最初の頃だけ戸惑っていたようですが、片目になってもすぐに慣れました。それよりも、19歳だと手術の際の全身麻酔が心配ですね

ピーチも当時13歳でしたが、全身麻酔のリスクは高いと言われました

それさえ乗り切れば、片目の生活はすぐに慣れると思います

どうぞお大事になさってくださいね
Posted by あすか at 2014年10月29日 15:18
ありがとうございます。
こちらには選択の余地など無いのでしょうね。
先生の判断に委ねるしか無いのでしょうね。
頑張ります!
Posted by 茶白 at 2014年10月29日 22:08
初めまして猫のメラノーマで検索してこちらにたどり着きました。

1週間前に猫がメラノーマで眼球摘出手術をうけたところです、
自分もまったっくこの病気のことを知らずに
かなり進行させてしまい自己嫌悪の毎日でした。

でもピーチちゃんのように病気を克服してがんばってる猫さんがいると思うととっても心強いです、励みになります。

これから片目の愛猫と一緒にかけがえのない時間を過ごしていこうと思います、ありがとうございます。
Posted by はむち at 2015年02月24日 16:42
はむちさま

コメントありがとうございます
お返事遅くなってすみません

愛猫さんも手術を受けられたのですね
大変でしたね猫(泣)

眼球のメラノーマは摘出してしまえば転移の可能性は低いようです
ピーチも転移はありませんでした
片目になっても猫ちゃんは、すぐに順応できますし、私もあまり心配しませんでした。ぴかぴか(新しい)

どうぞがんばってくださいね!
Posted by あすか at 2015年03月06日 08:38
昨日受診でまさかのメラノーマでした。
来週摘出施術あんうけます 
まさかの診断でした
仕事が忙しくもあり目のいろのへんかにはきづいていながらも知識不足でした
ペットはなにもいわないぶんもっとわたしがきづいてあげればよかった
Posted by 中川りよう at 2015年03月11日 08:43
中川さま

コメントありがとうございます

私も、ピーチ女帝が、眼球のメラノーマになるまでは、そんな病気があることも知りませんでした

ほんとうにびっくりしました

目の虹彩の変化は加齢による場合もあり、ピーチが年を取ってきたから虹彩の色が変化したとばかり思い込んでいました

分かった時はほんとうに辛かったです

でも摘出してしまえば経過は良好だと思います

がんばってくださいね!

Posted by あすか at 2015年03月14日 12:57
初めてコメントします。

ピーチちゃん、元気になられたようで良かったです!

うちのミーちゃんは23歳ですが、走るし、よく食べるし、
じゃれて遊ぶし、とても元気な子です。

でも2年ほど前から、左目が黒くなり始め、医者に行きましたが、気にすることはない、との事。年だからかな?と、私も気楽に思っていたら、あっという間に真っ黒になって、目の上にもう一つ目があるくらいの黒い膨らみができていました。
ほかの病院へ連れて行ったらメラノーマではないかと。
病理検査が必要だと言われました。

目を取ることはできる とのこと、
でも、
腎臓も悪く薬を飲ませている中、手術に耐えられるのか?

先生は、なるべくなら
このままにしておいたほうがいい!!といわれましたが、
おメメ以外は23歳とは思えないくらい元気です。

このまま目が腐っていくのを見る勇気が私にはありません。
…>_<…
手術をしていいのか?このまま観て見ぬフリをしていくのか?
かなり酷くはなっているので、決断が急がれます。


不安で不安で、私が病気になりそうな毎日を過ごしています。
Posted by まり at 2015年03月18日 02:25
まりさん

コメントありがとうございます
23歳のミーちゃん、元気なのに、メラノーマとは、胸が痛いですね

我が家のピーチ女帝も手術した時は14歳で、しかも少し腎臓が悪いから、全身麻酔は危ないと言われました。(10歳越えると全身麻酔は問題があるようです)

でも結果は何事もなく、また、腎臓も悪くはなりませんでしたが、ミーちゃんの場合、高齢でもあり、麻酔は危険と思います

でも、そのまま見ているのも辛いし、ほんとうに、どうしていいか分かりませんね;_;

結論がでませんが、ミーちゃんが苦痛が一番少ない方法で余生を全うできることを願っております

がんばってくださいね!!

Posted by あすか at 2015年03月19日 14:09
あすかさん、優しいコメント返信ありがとうございますm(__)m

私はこれまで三匹の捨て猫を拾いました。
たまたま三匹とも、真っ白なネコでした。
劣性遺伝子の白猫は外敵に狙われやすく、病気もしやすいので短命だと言われましたが、皆元気でした。

最初はミーちゃん。23年前に国道で迷子になっていた子猫。
今メラノーマと腎臓で私が胸を痛めている子です。…>_<…

その2年後、マナちゃんという女の子を飼いました。
マナは2年前に19歳で、やはり腎臓が悪く天国へおくりました。ミーもマナも優しく仲良しで、姉妹ではないのに、いつも一緒にいました。
マナが息をひきとる五分前に、寝ていた私をミーが起こしにきてくれたおかげで、マナは私の目を見ながら息をひきとることができました。看病は二ヶ月。身を削る思いで、毎日毎日泣いて看病していました。その横にはいつもミーがいてくれました。

1年半前、港で生まれた男の子が居ると、知人から連絡があり、
引き取ることになりました。カーラ君といいます。初めての男の子。ヤンチャで、兄弟が皆、交通事故で死んでしまったので人間を怖がっていましたが、やっと最近なついてくるようになりました。
でも歳が違いすぎるので、23歳のミーとは違う部屋で飼っています。

ミーは私の言葉が分かります。親バカですが、、本当です。f^_^;)
人間ではないのか?と思う時が何度も何度もありました。
今も一生懸命、私の事を気遣ってくれます。
自分の方が辛いのに、、、。
もう23年も一緒にいてくれています。
私には子供がいません。
ネコ達が子供のようなものです。
大切に大切に育てています。
赤ちゃんだった子が成猫に。
成人から老猫に。
外見はさほど変わらないのに、、
私をおいて先にいってしまう。。

本当に辛くて、寂しい。悲しい。
マナちゃんとサヨナラするとき、せめてミーちゃんが23歳になるまでは元気にいさせて、と頼んでおくりました。
まだまだ時間があると思っていましたが、あれからもうすぐ2年半。あっという間です。
23歳!長生きだね〜とみんなが褒めてくれます。
でも23年たってもまだ一緒に時を過ごしていきたい、、
そう思う気持ちが、止むことはありません。

ミーが苦しまないで、少しでも一生懸命いられるように、
私も精一杯愛情を注いでいきます。

あすかさん、、
ありがとうございました。(*^^*)


Posted by まり at 2015年03月20日 18:14
まりさん

コメントありがとうございます

白い猫は病気が多いような気がします
我が家でも大人の猫さんで、真っ白な子を保護したことがありますが、皮膚癌を患っていて半年で亡くなりました

でもミーちゃん、カーラくん、マナちゃんは19歳まで長生きで、みんな元気でよかったです

でも長く生きてくれればくれるほど、お別れが辛いですね

今までたくさんの子とお別れしてきましたが、みんな辛かったです
大事にされてミーちゃんは幸せ猫さんだと思います

やんちゃなカーラ君は可愛いですね
これからはミーちゃんの代わりになってくれるでしょうか

考えたくないですが、いつかはお別れがやってきますね:_:

ミーちゃんが安らかでありますようにと、心からお祈りしております
Posted by あすか at 2015年03月23日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3154254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック